眼瞼痙攣

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣は眼輪筋の収縮により、最初は瞬目が増加し、次第に開眼維持が困難になり、閉瞼状態となります。 眼瞼痙攣の特徴として以下が挙げられます。

  • 眼をつぶる筋肉(眼輪筋)の過度な収縮により、無意識な閉瞼が生ずる。
  • 両側性である。
  • 軽症例では瞬目が多く、伏し目がちとなる。
  • 軽症例では顕著な痙攣は必ずしも認められない。
  • 重症例になると閉瞼が持続し、実質的な失明状態となる。

眼瞼痙攣患者の主訴としては以下が挙げられます。

  • まぶしい:95%
  • 眼が開けていられない、眼を閉じているほうが楽:92%
  • 眼が渇く:51%
  • 外に出ると目が開けにくくなる:49%
  • 目がしょぼしょぼする:41%
  • 下を向いていたい:34%
  • 眼瞼が下垂する:29%
  • 瞬きが多い:26%
  • 手指を使わないと開瞼できない:16%
  • 眼の周りがぴくぴくする:8%

眼瞼痙攣の自己診断

眼瞼痙攣の自己診断

次の項目で当てはまるものはありますか。

  • まばたきが多い
  • 外に出ると、または屋内でもとてもまぶしい
  • 目を開いていられない(目をつぶっていたい)
  • 目が乾く、しよぼしよぼする、痛いなど、いつも目のことが気になる
  • 人ごみで人やものにぶつかる、またはぶつかりそうになる
  • 電柱や立木、停車中の車などにぶつかったことがある
  • 太陽や風、階段の昇降が苦手で外出を控えている
  • 危険を感じるので車や自転車の運転をしなくなった
  • 手を使って目を開けなければならない時がある
  • 片目をつぶってしまう
チェックの数  0個:正常  1〜2個:眼瞼痙攣の疑い   3個以上:眼瞼痙攣

眼瞼痙攣の特徴

局所的な神経筋伝達阻害作用により筋肉を弛緩させるため、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣,痙性斜頸および2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足に 有用です。
効果は通常3~4ヵ月持続します。 神経筋伝達阻害作用は時間経過とともに回復します。

ボトックスの特徴

クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く
足立区白内障日帰り手術NAVI 北あやせよつば眼科糖尿病網膜症専門外来