白内障

白内障とは

人の目は,良くカメラに例えられますがカメラのレンズに相当するのが、水晶体です。瞳の後に水晶体はあり、水晶体が濁る病気が白内障です。白内障だけでは、痛み、充血はありません。

明るい所で見えにくいとか、眩しく感じることが多くなったと言うことが初発症状で、進行してくれば、視力が低下してきます。

白内障の原因として、最も多いのが加齢によるもので加齢性白内障と呼ばれています。個人差はありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。
加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど発症しやすくなります。また、アトピーや糖尿病・外傷などが原因となり、若いうちから発症することもあります。

日本における初期白内障有所見率は
  • 50歳代で37~54%
  • 60歳代で66~83%
  • 70歳代で84~97%
  • 80歳以上では100%
進行した白内障の有所見率は
  • 50歳代で10~13%
  • 60歳代で26~33%
  • 70歳代で51~60%
  • 80歳以上では67~83%

と報告されています。

足立区白内障日帰り手術NAVI

進んだ白内障の治療は手術が必要です

白内障の早期の治療として、点眼治療があります。 点眼液は特効薬ではなく、治療薬と言うより予防薬と考えると、良いと思います。進行を後らせ、進行しにくくなるお薬です。 進んだ白内障には効きませんが早期の白内障では,自覚的、他覚的視力が良くなるものがあります。

白内障手術後のデメリットの一つにピント合わせがしににくなることがあります。
老眼が進んで、ピント合わせが上手くいかなくなる70歳代までは、目薬で予防できるものは点眼治療することをお勧めします。

初期の白内障では多くはないですが、点眼液で、白内障が弱くなったり視力の上がる例も存在します。しかしながら、進んだ白内障では手術が必要です。

当院はそのような症状を改善するため、日帰りで白内障手術を行っています。

白内障手術の利点・目的は何か?

手術をすることにより、白内障による視力の低下や霧視の自覚の改善を期待することができます。
白内障ではなく他の眼病により見えにくくなっている場合には、思ったほど視力の回復がみられないことがあります。
単焦点眼内レンズの場合、術後は単焦点のため、全ての距離が見えるわけではありません。読書や運転時には必要に応じて弱い度数の眼鏡をかけていただきます。

どのような場合手術が必要になるのか?

視力の低下や霧視の自覚があり、患者様がその改善を希望される場合に手術をすることがあります。
特殊例(緑内障を合併した例)では水晶体の濁りが少なくても早めに手術することがあります。また、白内障が進むと手術が難しくなり、合併症の危険性が高くなることがあります。

手術はどのように行われるのか?

手術はどのように行われるのか?手術を申し込んでいただいた際に行う検査(血液検査など全身状態の検査)の結果から手術に差し支えないかどうか確認します。眼の検査では、手術に耐えられる目かどうかの検査、眼内レンズの度数を決めるため目の長さを測る検査などを行って手術に臨みます。
手術当日は瞳孔を広げるための目薬をしてから手術室に入ります。手術室に入ったら手術ベットにかけていただき、眼のまわりの消毒を行います。顕微鏡の光で始めはまぶしいですがしだいに慣れてきます。目薬による麻酔(点眼麻酔)の後、手術を行います。

手術方法

水晶体前嚢の切開

眼球に水晶体を摘出するための出口を作った後、水晶体を包んでいる膜を切開します。

水晶体の中身の乳化吸引

ここから超音波の器械を挿入し、濁った水晶体をこま かく砕いて吸引します。

眼内レンズの挿入

空になった水晶体を包んでいた袋の中に眼内レンズを折りたたんだ状態で挿入して広げます。

眼内レンズの固定

しっかりと眼内レンズが固定されている状態を確認して手術を終了します。手術は局所麻酔下で約10~15分かかります。手術中は急な体動や咳・くしゃみ・いきみは危険です。失明の危険性や手術の続行が不可能になることもあります。楽な姿勢でいてください。

当院では、手術を受けられる方のより確実な安全性の点から、手術後約20分の安静をお願いしています。
また、術後の安静の解除、翌日まで眼帯は外さないこと、翌日の来院時間などは病院スタッフの指示に従ってください。

手術の危険性は?

学会報告によれば、白内障手術した方の3000眼に一件に目の中にばい菌が入ることが知られています。こじらせると手術前より見え方が悪くなることがあります。そうならないよう、手術の最低3日前から3カ月間は抗生剤の点眼をして頂きます。

また、眼内レンズは、水晶体を包んでいる薄い膜でできている袋の中に固定するので、膜の弱い方・支えるチン氏小帯が弱い方には、術者の判断で眼内レンズの挿入を中止することがあります。その場合には手術を2回に分けて後日に眼内レンズを固定することがあります。見え方の回復に時間はかかりますが、視力の向上は得られますのでご安心ください。

極めてまれで当院では一度もありませんが、世界の報告例によれば眼内レンズを挿入することで、異物反応による拒絶反応が約5000人に1人生じ、点眼などで治療できない時には、後日に眼内レンズを摘出することもあります。

また、まれに合併症(感染症・緑内障・網膜剥離・眼内出血・駆逐性出血など)のため失明する危険もあります。眼科的疾患(ぶどう膜炎・強膜炎・角膜炎など)・糖尿病・膠原病(リウマチ)・高血圧・感染症などの方はその危険性が増すと考えられています。これは極端な例で安心して当院で手術を受けて頂けます。

北あやせよつば眼科
院長  玄  真

手術後の生活

術後1か月はほこりや水などが目に直接触れる事、目を酷使することを避けて生活するのが望ましいです。仕事・家事などは軽作業であれば問題ありません。

よくあるご質問

術後は普通の生活ができますか?

術後の視力回復には個人差がありますが、ほとんどの場合、術翌日には、十分な視力が得られていますので、軽作業なら翌日からしていただいてもかまいません。しかし、手術後1週間以内までは、閉じきっていない傷口から細菌が入り、感染症(術後眼内炎)になる可能性がありますので、眼に水が入ったりするような作業は避けてください。一般的には手術後2週間以降には、お風呂も含めて、普通の生活に戻れます。

手術は痛くないのですか?

手術前の方に何を言っても信じて頂けないかも知れませんが、痛くありません。現在、 ほとんどの症例は点眼麻酔(目薬による麻酔)のみで行い、一部の症例では点眼麻酔が十分に効いた後に他の麻酔(テノン嚢下麻酔)を追加いたします。

眼内レンズが再び濁ってくることはないの?

眼内レンズ自体の透明性は、50~100年間は大丈夫です。何年か経って再び濁り、再手術で入れ替えるという事は基本的にございません。

手術後、目薬はいつまで?

当院では基本的に3ヵ月から6ヵ月くらいまで、点眼を続けて頂いております。点眼薬は、1~3種類を、術後の状態に応じて回数や種類を徐々に少なくしていきます。但し、糖尿病網膜症などを合併してる方は、それ以上の期間さして頂くこともあります。

両眼一回ですることは出来ないの?

通常片眼のみの手術で、両眼治療する場合は、片眼手術後2週間経ってからもう片眼の治療をします。

クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く
足立区白内障日帰り手術NAVI 北あやせよつば眼科糖尿病網膜症専門外来