まつ毛貧毛症(グラッシュビスタ)

まつ毛貧毛症(グラッシュビスタ)

まつ毛が短く細いことや、少ないことにお悩みではありませんか?

お化粧や皮膚の病気、加齢などで本来より、まつ毛が少なくなったり、短く細いなどの症状が現れることがあり、こうした状態はまつ毛貧毛症と呼ばれます。まつ毛貧毛症は、抗がん剤などの副作用により起こる場合もあります。

グラッシュビスタについて

グラシュビスタとはまつ毛貧毛症を改善するためのお薬です。
特発性まつ毛貧毛症を対象とした臨床試験において有効性が実証されており、使用によりまつ毛が長く、太く、濃くなったという報告も数多くされています。

使い方は、片目ごとに1日1回1滴を専用ブラシで塗るだけです。

継続することで、少しずつですがまつ毛を正常な状態へ改善することができます。

 

グラッシュビスタの有効性について

特発性まつ毛貧毛症を対象とした臨床試験において、以下のような実績があります。

主要評価項目

GEA-Jスコアがベースラインから1以上改善した患者の割合

ご利用する前の注意点

使用することができないケースもありますので、ご相談ください。

下記の項目に該当する場合、グラッシュビスタを使用することができません。

  • 過去にグラッシュビスタに含まれる成分に対して過剰な反応を経験した
  • 水晶体が無い、あるいは眼内レンズを挿入している
  • 目の手術を受けた
  • 眼疾患または手術後で治療を受けている

下記項目にも該当する方のご利用も避けていただいています。

  • 妊娠されている、またはその可能性がある
  • 授乳中 ※授乳を中止することで使用は可能です
  • 15歳未満 ※低年齢に関する安全性が確立されていないため、使用を避けてください。

使用中の注意点

  • 薬液が上まつ毛の生え際以外についた場合、ティッシュなどですぐに拭き取るか、洗い流します。メラニンの増加により、付着した部分の皮膚が黒ずむ可能性があります。
  • ブラシは使い捨てです。一度使用したブラシは必ず捨てて下さい。
  • コンタクトレンズをつけている場合には、レンズを外してから塗ります。再装着する際には、15分以上経過してからコンタクトレンズをつけないと変色する可能性があります。
  • 使用し忘れたと思っても、翌日の回数を増やすなどせず、必ず1日1滴の容量を守って下さい。
  • メラニンが増加して黒目の色が濃くなることがあり、投与を中止しても元に戻らない可能性があります。また、片目のみの使用では、左右の黒目の色に差が出ることも考えられます。あらかじめご了承ください。

副作用

長く緑内障の治療薬として使われてきた目薬の主成分と同じものが入っているため、使用に関するエビデンスがしっかりしているお薬です。
ただし、薬剤ですので、稀ですが副作用が起こる可能性はあります。

  • メラニンが増加するため、薬液がまぶたにつくと黒ずんだり、目の周囲が多毛になる可能性があります。こうした症状は、使用中止により元に戻る可能性もありますが、残ってしまうケースもありますのでご注意ください。
  • グラッシュビスタを使用する場合は、医師や薬剤師などから使用上の注意や副作用について十分に説明を受けてください。また、まぶたの色調変化や目の周りが多毛になることの予防や軽減には、塗った後に目の周囲をきれいに拭き取るか、洗い流すようにしてください。
  • 使用中、まぶたの痒み、目がしみる、目の痒み、目の痛みといった症状が持続的に現れたら即座に使用を中止してください。早めの受診をお願いしています。
クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く
足立区白内障日帰り手術NAVI 北あやせよつば眼科糖尿病網膜症専門外来