緑内障

緑内障とは

緑内障とは、目に入ってきた情報を脳に伝達する視神経に障害が発生し、視野(見える範囲)が徐々に狭くなっていく進行性の病気です。中高年が発症しやすく、40歳以上の日本人の20人に1人が患者であるといわれています。

早期の自覚が容易ではないにもかかわらず、治療が遅れると失明に至る場合もあるせいで、日本人の失明原因の1位にもなっている病気ですが、現在では治療によって進行を抑えることができる場合がほとんどです。そのためにも、早期発見と早期治療が重要になります。

緑内障の症状

視野の一部に暗点と呼ばれる欠損(見えない部分)が発生して、それがゆっくりと広がっていくのが緑内障の主な症状です。まだ暗点が小さい段階で視野の中に見えない部分があっても、それに気がつくことはほとんどありません。

なぜなら片方の目に暗点があっても、もう片方の目がその部分の視野を補ってしまい、異常を認識できないことが多いからです。そのため、やがて視野の欠損が日常生活に支障をきたすほど広がった時点で、ようやく異常を認識するケースも少なくありません。

緑内障の原因

緑内障の原因緑内障は視神経の障害によって発症します。その視神経の障害は、眼球の形状を保っている眼圧と呼ばれる圧力が上昇して、視神経を圧迫することによって生じます。

房水(ぼうすい)という液体が、虹彩(こうさい)や角膜、水晶体といった場所に栄養を運ぶ目的で眼球内を循環しています。この循環によって発生する一定の圧力が眼圧です。しかし、何らかの原因で房水の循環バランスが崩れると、眼圧が正常とされる範囲を超えて上昇し、その結果として緑内障が発症するのです。

なお、緑内障の種類の多くはこのように上昇した眼圧が視神経を圧迫して発症しますが、眼圧が正常の範囲内であるにもかかわらず、何らかの原因で視神経の圧迫が起きて発症する種類の緑内障もあります。

緑内障の種類

緑内障は以下のような種類に分類されます。

1.原発開放隅角緑内障

眼球内にある線維柱帯(せんいちゅうたい)およびシュレム管と呼ばれる場所が目詰まりを起こし、房水の排出が滞ることで、眼圧が上昇して起きる緑内障です。線維柱帯からシュレム管へと続く房水の排出経路を隅角(ぐうかく)といい、この隅角が開放された状態で起きることが病名の由来となっています。

 

 

 

2.原発閉塞隅角緑内障

隅角が閉塞して房水の排出が滞ることで、眼圧が上昇して起きる緑内障です。
ほとんどの緑内障はゆっくりと進行する慢性型ですが、この種類のように隅角が閉塞して起きる緑内障は急激な眼圧上昇を起こすことがあり、それが急性緑内障発作と呼ばれる症状の原因となります。急性型の緑内障は突然の頭痛や吐き気、目の痛み、かすみ、充血といった激しい症状が現れるのが特徴で、早急に眼圧を下げるための治療が必要になります。

 

 

3.正常眼圧緑内障

眼圧が正常の範囲内であるにもかかわらず、何らかの原因で視神経に障害が発生することで起きる緑内障です。実はこれが日本で最も患者数の多い種類で、緑内障患者全体の約7割を占めるといわれています。原因ははっきりとしていませんが、正常な眼圧による圧迫でも障害を起こすほど視神経が弱いパターンなどが考えられています。この種類は隅角が開放された状態で発症します。

4.発達緑内障

生まれつき隅角に異常があるせいで、眼圧が上昇して起きる緑内障です。主に新生児や乳幼児が発症する早発型、10~20代で発症する遅発型などに分類されます。特に早発型の多くは発症後の悪化が急速で、薬剤による治療の効果も低いため、早急な手術が必要になる場合があります。

5.続発緑内障

緑内障以外の目の病気や糖尿病、外傷、あるいはそれらの治療に使用している薬剤などが原因で、眼圧が上昇して起きる緑内障です。眼圧上昇の原因となった病気などを突き止め、それに対する適切な治療が必要になります。この種類は、隅角が開放された状態と閉塞された状態のどちらでも起こります。

緑内障の検査

定期検診などで緑内障にまつわる異常を指摘された場合、診断のために眼科で以下のような検査を受ける必要があります。また、実際に緑内障の診断を受けた場合、その後も進行具合や治療の効果を確認するために定期的な検査が必要となります。

眼圧検査

緑内障の原因に深く関係している眼圧の値を専用の計測器で調べます。なお、眼圧の正常値は10~21mmHgとされていますが、眼圧が正常な緑内障の場合、この検査では診断できません。

眼底検査

検眼鏡などを用いて眼球の内部を観察し、主に視神経の状態を調べます。眼球の奥に位置する視神経乳頭の大きさや形、深さなどを調べることで、緑内障を診断したり、進行具合などを確認することができます。眼圧が正常な緑内障も、この検査でなら診断可能です。

視野検査

緑内障の主な症状である視野欠損の有無や位置、程度などを専用の計測器で調べます。中心の視野を測定する静的視野検査と、広い範囲の視野を測定する動的視野検査があります。

隅角検査

眼球内に圧力を与えている房水の循環に深く関係する隅角を観察し、開放型か閉塞型かなどの状態を調べます。隅角鏡と呼ばれる専用のコンタクトレンズを使う方法が一般的です。

光干渉断層計(OCT/Optical Coherene Tomography)検査

近赤外線を当てて得た眼底部分の断面像を解析し、視神経の状態を調べます。緑内障の診断がより明確に行えるだけでなく、早期発見にも有効な比較的新しい検査法です。

緑内障の治療方法

現在のところ、いったん緑内障によって損なわれた視野を元に戻すことはできません。したがって、それ以上の進行を阻止することが治療の基本になります。そして、そのために有効な手段が眼圧を下げることです。たとえば、眼圧が正常なのに起きる正常眼圧緑内障に対しても、眼圧を下げる治療が有効であることがわかっています。

1.点眼薬による治療

点眼薬による治療急性型を除くほとんどの緑内障に対して最初に選択されるのが点眼薬による治療です。用いられるのは基本的に眼圧を下げる効果を持つ点眼薬です。房水の排出を促進する種類や抑制する種類などがあり、症状の程度などに応じた種類の薬が処方されます。また、それだけでは効果が不十分だった場合、複数の種類が組み合わされて処方されることもあります。

※ドラッグストアなどで販売されている市販の点眼薬の中には、緑内障の種類によっては眼圧上昇の原因となる可能性のあるものもあります。緑内障の方は、市販の点眼薬を使用する前に必ず治療を受けている医師までご相談ください。

2.レーザーによる治療

レーザーによる治療点眼薬による治療では効果が得られなかったり、点眼薬による治療で副作用が発生したり、身体上の理由で点眼薬が使用できないような場合には、レーザーや手術といった外科的治療が選択されます。
レーザーによる治療には以下のような方法があります。いずれも外来で受けることができ、痛みもほとんどありません。

レーザー虹彩切開術(LI/Laser Iridotomy)

虹彩の一部にレーザーを照射して穴を開け、房水の流れを変えることで眼圧を下げる方法です。主に急性症状に陥る可能性があったり、既に陥った隅角の閉塞を原因とする緑内障に対して有効とされています。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT/Selective Laser Trabeculoplasty)

線維柱帯にレーザーを照射して房水の排出を促進することで眼圧を下げる方法です。同様の治療法として従来行われていた「アルゴンレーザー線維柱帯形成術(ALT/Argon Laser Trabeculoplasty)」とは異なり、線維柱帯の組織を破壊することがないので、繰り返し行うことができる治療法として非常に有用とされています。

主に隅角が開放された状態で発症する緑内障に対して有効とされていますが、全ての緑内障に効果があるわけではなく、効果には個人差があることもわかっています。しかし、効果が確認された場合には点眼薬を減らしたり、手術の必要性を遠ざけることができる可能性があります。

3.スーパーライザー

自律神経である交感神経の神経の根元である星状神経叢をブロックするものです。
注射針で行われている星状神経ブロックの効果の80%の効果が3~5分間首の所に当てることで治療効果があると実証された治療方法で、ほぼ副作用は皆無に近いです。
お子様から高齢の方(ペースメーカの方は慎重適用)に行うことができます。
血管を収縮させる交感神経の働きを防ぐことで、胸から上の血行を改善し、視神経の循環を改善し、緑内障の進行を抑制的に働くだけでなく、視野の改善の報告もあります。(数か月単位の治療が必要)。また交感神経遮断薬のβーブロッカーのチモロール等と同効果が期待でき眼圧下降も同様に期待できます。
将来的にも有用な治療と院長自身は思います

スーパーライザーの詳細はこちら>>

 

4.手術による治療

手術による治療点眼薬やレーザーといった他の治療では効果が得られなかった場合、手術による治療が選択されます。
他の治療方法と同じく手術もまた眼圧を下げることを目的に行われます。代表的な方法として、房水が眼球の外に染み出す細工を施すことで高い効果が期待できる「線維柱帯切除術」や、線維柱帯を切開して房水の排出を促進する「線維柱帯切開術」などがあります。
また、緑内障の手術後に白内障の症状が進行する傾向があるので、同時に白内障の手術を行う場合もあります。これには、白内障の手術で水晶体を人工レンズに置き換えることによって眼圧の低下が期待できるというメリットもあります。

ポイントは早期発見と早期治療

緑内障によって損なわれた視野を元に戻すことはできませんが、早期に発見して治療を開始すれば、視神経の障害を最小限に抑えながら、その後の日常生活を送れる可能性があります。発症リスクが高くなる40歳を過ぎたら、定期的に検診や人間ドック、眼科での緑内障検査などを受けて、自覚症状が現れる前の発見に努めましょう。
また、緑内障は完治することがないので、発症したら一生に渡って眼圧をコントロールしていく必要があります。医師の指示をしっかりと守って、根気強く治療を続けていきましょう。

費用

緑内障の症状の程度や合併症の有無などによって治療方法や薬の処方内容が変わります。そのため、以下の費用は目安程度の金額とお考えください。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の費用(自己負担額)

保険種別 自己負担割合 片目の場合 両目の場合
老人医療 1割負担の方 9,000円程度 12,000円程度
2割負担の方 18,000円程度 36,000円程度
健康保険 3割負担の方 27,000円程度 54,000円程度

レーザー虹彩切開術(LI)の費用(自己負担額)

保険種別 自己負担割合 片目の場合 両目の場合
老人医療 1割負担の方 7,000円程度 12,000円程度
2割負担の方 14,000円程度 28,000円程度
健康保険 3割負担の方 21,000円程度 42,000円程度
クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く
足立区白内障日帰り手術NAVI 北あやせよつば眼科糖尿病網膜症専門外来