オルソケラトロジー

手術なしで視力回復

オルソケラトロジー(Orthokeratology)は手術の必要がない視力矯正治療の新しい選択肢です。レーシックのようなやり直しの難しい手術は行うことなく、就寝中に専用のコンタクトレンズを装用しておくだけで視力を矯正できる低リスクの治療法です。レーザーやメスで角膜を削るわけでもないので、治療を中止すれば、角膜は元の形状へと復元されます。

寝ている間に視力回復

オルソケラトロジー専用として作られた特殊なハードコンタクトレンズを就寝中に装用しておくことで、レンズに沿って角膜の形状が整い、屈折率が変化するという仕組みで視力が矯正されます。レンズの装用を開始して間もない段階では視力が変化しやすいという欠点がありますが、装用が長期におよぶほど安定した視力を得ることができるようになります。

 

 

 

 

若年層の近視進行抑制に効果大

将来的に強度の近視になることが予想される方の場合、早い時期からオルソケラトロジーに取り組むことで、それ以上の近視進行を抑制できる可能性があります。また、近視の症状が現れ始めたばかりの若年層(小学生~高校生程度)には特に有効ともされています。

 

 

 

 

昼間は何もつけずに視界良好

専用のレンズは就寝前に装用し、起床後に外すので、日中の一定期間を視力が矯正された状態の裸眼で過ごすことになります。 そのため、メガネや通常のコンタクトレンズを装着する必要はなく、毎日を快適かつアクティブに過ごすことができます。特に、ストレスを感じることなくスポーツを楽しみたい方などに向いています。

レンズ紛失の心配がほぼ不要

外で装用することのないレンズなので、紛失や破損の心配がほとんどありません。また、通常のコンタクトレンズのように装用中外れてしまうようなこともありません。

角膜を傷つけにくい

専用のレンズは高酸素透過性タイプなので酸素を通しやすく、ドライアイ対策として涙がたまるくぼみなどもデザインされているので、就寝中にストレスを感じることなく装用できるものとなっています。なお、現在のところ副作用の報告はほとんどなく、定期的な角膜の検査における異常も認められていません。

 

料金について

オルソケラトロジー (両眼)120,000円(税込)

※適応検査・3ヶ月までの定期検査込み
※オルソケラトロジーのみ、は保険外診療です。

適応検査・定期検(3ヶ月目以降) 1回 3,000円(税込)

※ただしオルソ以外の疾患による受診は保険適応です。
※医療費控除の対応になります

1週間貸出試用 40,000円

※上記料金はお預り金となります。

継続する場合
両眼 80,000円

貸し出しレンズは破損した場合は返金できませんので、予めご了承ください

キャンセルの場合

キャンセルの場合は「40,000円-10,000円=30,000円」の金額を返金いたします。

※レンズは貸し出しとなります。オルソ中止時は、レンズを回収いたします。半年以上検診に来ない方は、レンズを返却して頂く場合がございますので、御了承ください。

クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く
足立区白内障日帰り手術NAVI 北あやせよつば眼科糖尿病網膜症専門外来