眼瞼下垂

眼瞼下垂

上まぶたは眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉が収縮することによって上げ下げされています。そして、この眼瞼挙筋の動きは動眼神経という神経が司っています。眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、眼瞼挙筋や動眼神経の障害によって上まぶたを引き上げる力がうまく働かなくなり、上まぶたが垂れ下がったまま上げにくくなる(目を開けにくくなる)病気です。

眼瞼下垂が生じると、上まぶたが視界を遮って視野が狭くなるので、無意識のうちに目を見開こうとして眉毛が上がったり、そのせいでおでこにシワが寄ったり、顎を上げて物を見ようとするといった特徴的な症状が現れます。また、こうした症状が負担となって、頭痛や肩こりといった別の部位の症状が現れる場合もあります。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂には大きく分けて先天性と後天性の2種類があり、それぞれに原因が異なります。

先天性眼瞼下垂の原因

先天性とは生まれつき眼瞼挙筋が弱かったり、動眼神経に障害があることが原因で起きる眼瞼下垂です。

後天性眼瞼下垂の原因

後天性とは、元々は正常に動いていた上まぶたが何らかの原因でだんだんと垂れ下がって上がらなくなってしまった眼瞼下垂です。

例えば、瞼板(けんばん)という上まぶたの縁にある軟骨と眼瞼挙筋との接合部分である腱膜(けんまく)が弛んだり外れてしまい、上まぶたが眼瞼挙筋の動きに連動できなくなって垂れ下がる「腱膜性眼瞼下垂」が代表的です。この場合、先天性と違って筋肉や神経自体には異常がありません。腱膜性のほとんどは加齢が原因ですが、花粉症やアトピー性皮膚炎などによる目のこすり過ぎ、コンタクトレンズの長期装用などが原因となる場合もあります。
また、数は多くないものの、他には外傷によって起きるもの、重症筋無力症や甲状腺眼症、脳梗塞といった他の病気によって起きるものなどもあります。

眼瞼下垂の治療方法

眼瞼下垂の治療方法は基本的に手術が主となり、症状の程度によって手術を行うかどうかが判断されます。最も患者数の多い腱膜性眼瞼下垂の場合、弛んだり外れた状態の眼瞼挙筋腱膜を縫い縮めたり、瞼板に縫い付けることで元の張力を回復させる手術が代表的です。

また、眼瞼下垂自体の手術以外に、加齢による皮膚の弛みだけで眼瞼下垂と同じ症状が起きているようなケースに対しても、余った皮膚を切除する手術を行うことがあります。
なお、眼瞼下垂の手術はあくまで治療を目的として行われるものなので、美容を優先目的として手術を受けたいという方にはおすすめすることができません。

眼瞼下垂の日帰り手術

最新の医療機器の導入を通して、常にベストの治療を提供します当院では、眼瞼下垂に対する日帰り手術を行っております。
眼瞼下垂は患者様それぞれに原因や症状の程度が異なりますので、事前の診察を通じてその方に適した治療内容をご説明した上で手術を行うことになりますが、通常は以下のような手順で手術が行われます。

手術は局所麻酔によって始まり、通常のメスよりもメリットの多い炭酸ガスレーザーを用いて進められます。炭酸ガスレーザーによる手術は、出血や皮膚への負担が少なく、術後の回復も比較的早いのが特徴です。通常、手術そのものは片眼なら15~20分ほどの短時間で終了します。また、術後約1週間後にご来院いただいて抜糸を行いますが、抜糸の際の痛みはほとんどありません。

 

 

術後の注意点

  • 術後はまぶたをガーゼで保護します。完全に目をふさぐ眼帯と違って視界が少し狭くなる程度なので、左右のまぶたを同時に手術した場合でも問題なく日常生活を送ることができます。
  • 手術を受けた当日は、短時間であれば、首から下にだけシャワーを浴びてもかまいません。また、当日は洗髪と洗顔を禁止とさせていただきますが、こちらも翌日からは行ってかまいません。
  • 術後はまぶたが腫れたり、内出血が生じて紫に変色する場合などがあります。個人差はありますが、このような症状は1~2週間ほどで回復する場合がほとんどです。
  • 手術による傷が赤みをおびている間は、直射日光を浴びると色素沈着を起こす可能性があります。外出時など日を浴びる可能性がある場面では、必ずサングラスで避けるなどして日焼けを予防してください。
  • アイメイクは抜糸が済むまでお控えください。
  • 飲酒や喫煙は回復の妨げとなる可能性があるので、術後1週間ほどはお控えください。
  • 術後、眼瞼下垂が再発したり、閉瞼障害、矯正過剰、矯正不足、瞼縁不整、左右のまぶたの差などの合併症が発生した場合、再手術を要する可能性があります。
  • 術後、目にドライアイの症状が現れた場合、点眼薬などによる治療を行う可能性があります。
クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く
足立区白内障日帰り手術NAVI 北あやせよつば眼科糖尿病網膜症専門外来