網膜・硝子体疾患(飛蚊症)

網膜・硝子体疾患(飛蚊症)

目の奥の疾患(眼底疾患)には、網膜剥離・出血・黄斑円孔・黄斑変性症など様々なものがあります。 自覚症状として、視力低下、ものが歪んで見える(変視症)、ものが大きく見える(大視症)、ものが小さく見える(小視症)、黒い虫のようなものが飛ぶ(飛蚊症)などがあります。

特に飛蚊症は、多くの方が良く経験される症状であり、眼底疾患が原因となっている場合と、加齢性変化による良性の場合があり、眼底検査を行って原因を確定する必要があります。

早期診断はあらゆる疾患に大変有用です。

良性(生理的)の飛蚊症だった場合は経過観察で構いませんが、原因疾患が見つかった場合は、疾患によってレーザー治療や手術や内服治療が必要になります。

網膜前黄斑線維症

網膜前黄斑線維症 (術前)

黄斑部に網膜上膜があり、網膜にシワができています。

 

 

 

飛蚊症

生理的飛蚊症

飛蚊症の大部分は生理的なもので心配はありません。 加齢などにより、硝子体が濁ると、それが眼底に影をおとします。そのため、眼を動かすたびに黒い点が飛ぶように見えます。近視の人は若くてもおこることがあります。

 

 

 

黄斑円孔

黄斑円孔(術前)

黄斑部の中心に丸い孔(円孔)があいており、その周囲が薄く剥離しています。

 

 

 

新生血管

新生血管

網膜の下や網膜色素上皮の下に脈絡膜新生血管が生えてきます。生えてきた新生血管は、正常な血管ではないので、血液中の成分が漏れ出たりします。

 

 

 

網膜剥離

網膜剥離(術前)

上方の裂け目から生じた網膜剥離が下方にまで広がって、黄斑部も剥離します。

 

 

 

レーザー光凝固法

レーザー光凝固法

光エネルギーを用いて網膜組織の蛋白凝固を行い、眼底疾患を治療する方法です。 術中術後、一過性に少し痛むこともあります。

クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く
足立区白内障日帰り手術NAVI 北あやせよつば眼科糖尿病網膜症専門外来